今、住んでいるところは古い港町です。窓の外

今、住んでいるところは古い港町です。
窓の外には海の景色が見渡せて、暑い夏には気持ちのいい潮風が吹き、気持ちよく過ごしているのですが、困るのは潮風で車がボロボロに傷んでしまいます。


昔住んでいた海の遠い場所では、車が錆びてしまったなんていうことはまさかなかったことです。

今使っている愛車を車下取りに出して、きれいな新車を手に入れたいところです。買取で高値が付く車というとやはり軽自動車でしょう。



「日常の足として、とにかく安さ優先というお客様に売れる」「店で代車としても使えるのでムダがない」などと中古楽天車査定業者の人はコメントしています。近年では普通車と変わらないくらい大きい軽自動車もあるので、ファミリー層からの需要が伸びてきているようです。軽自動車は燃料費や税金の負担が軽く、中古市場で人気なので、買取査定で有利なのも頷けますね。そろそろ車の買取を依頼しようと思って、ネット上でできる簡単査定を利用しました。

車は高級外車のアウディで、5年くらいしか乗っていなかったので、査定額はそこそこ高額になるだろうと思って楽しみにしていたら、意外にも非常に安い金額だったのでびっくりでした。査定を出してくれた業者の方に来てもらって説明してもらいましたが、「外車よりも軽自動車の方がまだ高い額が付く」と言われたので衝撃でした。



車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

初めにネットの一括査定サイトを活用して、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。それから実物の状態を業者が確認した上で、買取金額の提示となります。

金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。
そして移転登録等の手続きが終わってから指定した口座に売却代金が振り込まれます。

既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。



これはどのような時かというと、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずにそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。逆に軽自動車については別途決まりがあって、還付金はありません。

でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。
良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。



引越しをした時に駐車場の場所が確保が出来なくて、ほとんど乗車の機会も無かったこともあり、思い切って車を売却に出すことに決めました。でも、いざ自動車を売るとなると、どのような手続きをしなければならないのか分からず気がかりでしたが、買取業者の担当の方が親切だったので、スムーズなお取引が済みました。
思い切って車の売却を決め、査定サイトなどを使って業者を決めたら、実車の査定を受ける段階へと進むことになるのですが、この時、手元に用意しておきたい書類があります。車検証、及び自賠責保険証書で、所在の確認を行いましょう。
査定の日時が決まって、そこからあたふたしないで済むよう、売却時に準備しておきたい各種書類と一緒にまとめて手元に一式揃えておくといいでしょう。
そういった必要書類は、紛失した場合、再発行の必要があって、それなりに時間がかかりものもありますから注意してください。
これならいいだろうと思える査定金額に達し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。普通乗用車と軽の場合は違いもありますから気をつけてください。どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかにリサイクル証明と自賠責保険証、そして納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。
また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車なら認め印で済むので印鑑証明書も要りません。中古車を売却する時には書類をたくさん準備する必要があります。
その中でも、自動車検査証、要は車検証は、非常に重要な書類です。あとは、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書。

印鑑証明書など譲渡証明書、様々な書類を用意しておくことが必要になります。ほかにも、実印も必要となるので、前もってきちんと用意しておくことが大切です。
ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。
査定金額が幾らぐらいになったかを知るためにメールのアドレスや電話番号は記入する必要がありますが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、製造メーカーのサイトで車種等の情報をフォーマットに入力すれば、現在の参考相場が分かる場合があります。
そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。