一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかとい

一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというと洗うべき、という意見と、洗ってはいけない、という意見があります。


常識的に考えると、洗車を済ませてきれいにしておけば良いだろうと考えてしまいますが、きれいに洗車してしまうと、結果として隠れていた細かいキズも目に見えるようになってしまうのです。



確かに汚れで傷は隠れるでしょうが、そうはいっても査定人だってこの道のプロ、こういったケースにも慣れています。
洗車をしたかどうかに関わらず車についたキズのチェック漏れなどはあり得ないでしょう。そういうことなら、査定人に良い印象を持ってもらうため、汚れをざっと落とす程度に、少し洗車しておくべきでしょう。
最近販売されている車は買った当初からカーナビが付いているものが大部分です。

カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。例外として、後から高額なカーナビシステムを装備した場合に限っては見積額が高くなるかも知れません。高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてカーナビだけ別にしてオークションで売ることも良い方法でしょう。愛車を手放すにあたって査定を受けるのに一番良い時期はと言うと車を手放そうと考えたその時だと言えます。
車は機械ですから、何もしないままでも時間が経過するほど傷んでしまうものなのです。つまり、価値が低くなっていくわけです。

査定は新しいものほど高く売れるというわけです。ですので、車の処分を考えた段階で、即売ることが良いと思います。


自分で所有する車を売ろうとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、車庫証明の手続きをしなければしけません。

車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、車の売買契約書を持って行きましょう。


愛用の車を廃車にする際に自動車税が還付されますが、実は車買取に出した場合にも還付されることをご存知の方は少ないと思います。車を手放す時に、残りの期間分の自動車税は返金してもらうことができます。



逆に中古車を購入するするときは、次の年度までの期間によって購入者が払う必要が出てきてしまいます。



引越しをした時に駐車場を確保することが出来ず、ほとんど乗車の機会も無かったこともあり、車を売る決意をしたのです。



しかし、いざ車を売るとなると、どのような手続きをしなければならないのか分からず心配になりましたが、買取業者の担当者さんが親切だったため、スムーズな取引が出来ました。
車の査定額を算出する際、事故車だったケースには、査定が下がることになるでしょう。とはいえ、事故歴がないと嘘をつくようなことはやめておいた方が得策です。

というのも、後に事故車であることが明るみに出てマズい状況に巻き込まれる姿が容易に想像できるからです。

中古車の買取業者は本職の人たちなのですから、「事故歴のない車です。」と主張しても遅かれ早かれ気付かれてしまいます。

心の平静のためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。現物査定を受ける場合、新品のタイヤに近ければ査定結果が変わってくるので、痛んでいないタイヤであることが有利なのは確かなのですが、良い状態のタイヤでなくても、査定のためにタイヤを替える必要はありません。



交換のコストは査定額アップに見合いません。



スタッドレスタイヤ、もしくは、社外アルミホイールに交換していたら、ネットなどのオークションで売るようにすると高値がつくことが多いようです。Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構あります。



一家に車が一台と考えると、名義人以外が売却するのは「よくあること」と考えて良いでしょう。

車の所有者の名義が自分以外になっている場合は、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を捺印した譲渡証明書と委任状(「名義人」から「あなた」へとなっているもの)を用意すれば代理人でも売却可能です。しかし、週末や夜などにご本人自身が契約できるなら、書類を減らすことができますので、相談してみると良いでしょう。



車の名義が金融会社になっているときは、そのままでは売却できません。

そちらの支払いを終えていただき、名義変更してからなら売却可能です。一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、次の選択肢は2つしかありません。

残しておいてもしょうがないので廃車にするか、専門業者に買い取りを打診するかです。業者はそういった車を中古車市場に流すことはせず、パーツ分けして修理屋に売却するなどして商売しています。手間はかかりますが独自の販路を持っているがために、他社が断ったような車も買い取ってくれるというわけです。



そのほか、廃車にする手続きも代行してくれるので、迷ったらこうした業者を利用すると良いでしょう。