事故車のケースでは、修理代にお金をかけ

事故車のケースでは、修理代にお金をかけても、事故をする前と同じ状態には戻せないことも多々あります。


事故で車に衝撃が加わることで、フレームに歪みが発生してしまうと、完璧には修理できないこともあります。



事故車を修理するのにお金を使っても、事故車専門の買取業者に売却して、新車を購入するのが安全安心です。

数年前の話になりますが、車の買い替えを考えた際、より高い価格で買い取ってもらえる会社を探し回っていた時期があります。その時には、情報を集める手段としてインターネットで車の買取価格を詳しく調べた上で、車の一括買取サイトに買取を依頼しました。想像以上に低い金額の提示が大部分だったのですが、中古車の査定相場は時期によってもやや異なるようです。自分の車をもし査定に出してみたら、査定額はどのくらいになるか知っておきたいのなら、便利に使えるのが、インターネットにつながっているパソコンか、スマホでアクセス可能な車査定サイトでしょう。ただ、こういったサイトでは多くの場合個人情報、電話番号や住所までをも入力することが必須です。

ネット上に個人情報を流すようで不安だという場合、希少ながら、個人情報を書き込まなくても査定金額を出してくれるサイトもあることはあります。ですから、そういうサイトページを利用しましょう。

車を買取に出す際には、印鑑証明の書類が必要です。取引には実印を使うので、実印登録している市役所、あるいはその出先機関で2通入手しておきましょう。
今時なら証明書の発行がコンビニなどでも受けられるようになっていますし、役所に設置している機械で自動発行することもできます。
注意すべき点としては、一か月以内に発行された証明書でなければ受け付けられないことです。古いものは使えないので気を付けましょう。


車査定をしてから売るのが良いのか、あるいは、ネットでの売却がいいのか、迷っている方はいませんか?愛車を少しでも高く売却したいのはオーナーとしては当たり前のことなので、こうした悩みを持つ方はたくさんいると思います。

結論から言うと、希少価値が高い車であるのならば、ネットオークションを選ぶ方が高く売却することができるかもしれません。人気の高い車種を売る場合、査定をお願いしても満足いく査定結果になることが多いですね。ホンダのN-BOXやトヨタのプリウス、日産のセレナなどは買取でも人気のある車種です。例え購入当時に人気が高い車種だったとしても、売ろうと思った時には既に、人気が落ちているような場合、対称的に低い買取額を提示されてしまう事があるようです。改造車は買取であまり良い評価を受けません。いわゆる大手の買取店の場合、メーカーやディーラーの純正オプションであれば査定においてプラスになります。

サンルーフや純正ナビ(マルチ)、革シートなどは一般的に需要があるので査定で大きく有利になりますが、一方、車高調整していたり、アルミやエアロを非純正パーツに変えているとそれほど評価されません。

スポーツカーを買取に出すなら間違いなく専門店が最良の選択です。



愛車の査定を受ける前には、車検証、自動車納税証明書を用意しましょう。

そして、車の内外をもう一度見直しましょう。ひっかきキズくらいなら、DIYで補修を行い、ワックスをかけて磨き上げ、車の中も清潔感が感じられるように清掃してください。いわゆる改造車だったら、極力、購入時の状態に直して、自分で買ったパーツではなく、純正のパーツに戻した方が有利になるでしょう。査定の少し前からタバコを吸わないなど、車の中のニオイにも気をつけてください。車買取業者に売却依頼するときは、その車の走行距離で査定価格に大きな違いが生じます。走行距離は一般的に「1年1万キロ」と言われており、5年で6万キロと3万キロの車があったときは3万キロのほうが高値になります。
このように走行距離が少ない車は査定にプラスされ、10万キロ近く走っている車は状態が良くても、見えない部分が劣化していると考えられ、値段がつかないことが多いです。


もっとも、これは単純な目安に過ぎません。車の種類や状態によっても幅があるようです。

車の外観の傷というのは中古車の売却査定の際にかならずチェックされるはずです。あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、舗装の巻き上げ等でつく小傷などはチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。
時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。しかし修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性は「十中八九ない」と断言できます。



個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。