Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかと

Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構多いです。
名義人が家族や知人である場合は、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、本人以外でも代理人契約として売却できます。

ただ、売買契約時に名義人本人が立ち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。



名義がクレジット会社になっている車はそのままでは売却できません。完済して名義を変更したのちに、査定・売却となります。
車を買い取ってもらう時に用心しておかなくてはいけないのは、悪徳業者と売買を行わないことです。みんなも知っているような会社なら心配いりませんが、一店舗だけで経営しているお店は、注意しなくてはいけません。悪徳業者と取引きを行うと、車を渡してもお金を払ってもらえないという場合もあります。

中古車を買い取ってもらうときに必要と考えられるものを調べてみましょう。



売却したお金を振り込んでほしい振込口座と車検証と印鑑証明(2通必要・発行後1か月以内の物)などを準備しておきましょう。

取扱説明書やスペアキーがあれば査定金額がアップする可能性もあると思います。


愛車を売却しようとするときには、車庫証明の書類はとくに必要とされません。しかし、新しく自動車を購入した際には、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。
これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、自分で手続きすることもできます。

少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、自分で行っても良いでしょうね。
車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。現物査定を受ける場合、タイヤの損傷や摩耗などで査定額が変わってくるので、タイヤは摩耗していない方が有利なのは確かなのですが、良い状態のタイヤでなくても、査定のためにタイヤを替える必要はありません。

交換のコストは査定額アップに見合いません。

それから、スタッドレスタイヤ、または、社外製のアルミホイールは、本体とは別に買い取りに出した方が高値がつくことが多いようです。



この度結婚することになり、車を売ろう!と考えました。夫になる人は、通勤に車を必要としないので、二台も車を持っている必要としないからです。



ローンで買った車だったのですが、既に完済しているので、売って手に入れることができるお金は、へそくりとして大事に保護しておきたいと思います。



中古車を査定するときに絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、小型と大型車に分別されています。

技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと資格取得が叶わないので、この資格を持っていると言うことは、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがお分かりになるでしょう。


車を売却すると、少しでも高い値段で売りたいと考えるのが本当の気持ちだと思います。

なので、多くの業者に車査定を依頼し一番好条件なところに売るということも方法の一つです。なおかつ、高く売るには買取査定してもらう前に少しでも綺麗に車を洗う方が良いと思いました。



買取店から出された中古車査定金額に自分が納得できなかったときには、売却を断っても構いません。さまざまな会社に査定を依頼して比較検討して一番高い査定額を表示してくれた店舗で売る方が良いに決まっています。

反対に、売買契約書を締結した後からの車の売却キャンセルは難しいか、受け付けられても損害賠償がある場合が多いと思ってください。


損害賠償については契約書に詳細が明記されているはずですから、なるべく契約書の全文をきちんと納得するまで読む習慣をつけておきましょう。車買取を頼む際に、ディーラーに下取りしてもらうのと買取業者に売却するのは、どちらにメリットがあるのでしょうか。
今どきは、一括査定などを利用して、買取業者に売りに出す人が増えています。しかし、決まって査定業者の方が得とは限りません。



例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンの際などはディーラーの方がいいこともあります。